「2015年はYoutubeの年になる。」

そう言われていましたが、本当に色々な人がYoutubeに参入してきましたね。

例1:レシピ本で有名なみきママ



例2:まさかの日本エレキテル連合



レシピ本発の人が出てきたり、お笑い芸人が出てきたり
Youtubeは、群雄割拠の世界になってきましたね。

もはやYoutubeは、ヒカキンさんやMEGWINさんやKAZUYAさん
のような一部の特殊の人達だけの世界ではありません。

広く開かれた一般的な世界になったのです。

アメブロやFacebookやInstagramのように、
誰もが気軽に動画をアップし、楽しめるようになる時代。

あなたもYoutuberになれる…

いよいよそんな下地が整ってきましたね。


先日ハワイに行っていたのですが、そこで驚くべき光景を目にしました。

ハワイに「アウラニディズニーリゾート/Aulani, A Disney Resort & Spa」
というテーマパークがあります。

パーク内に「ボルカニックバーティカル」という流れるプールとウォーター
スライダーがあります。




「よーし、行くぞ!」と思って列に並んでいたら、
隣にいる7歳くらいの子供がゴムボートの先端に
グニグニの棒をセットし、そこにGoProをつけていました。


その状態で、スライダーにGo!です。

絵的にはこんな感じです。↓





ちなみにGo Proと言えばこれです。↓




外で自分が動きのある動画を撮る時に便利なビデオカメラです。

今はわずか7歳の子供が自分が経験している今を、
動画に撮影してYoutubeにアップする時代なのです。


わけもわからなず、面白がってやっているのがとても印象的でした。

それがアメリカの今、なのです。

遠からず日本にもその時代がやってくると思いますし、
街中ですでに自撮り棒が流行っているのを見ると

もうすぐそこまでその時代が来ているように感じています。

大人だけでなく、子供も含めて、誰もが今の自分を発信できるような時代。

呼吸をするように動画をアップする時代に突入したのです。


「なるほど、動きのある動画だな?」
私もハワイの子供のマネして、石垣島のインターコンチネンタルホテルの
プールで動画を撮影してみました。

プールのウォータースライダーで、水中でも
撮影可能なデジカメを持ってびゅーんと疾走してきました。




とても臨場感がありますよね。

まるでその場にいるかのような感じを味わえると思います。

日本でもこれからリアルタイム実況系の動画が
もっと流行ってくることでしょう。

例えば、自転車に乗っている様子を撮影してみたり。




例えば、スキーを滑っている様子を撮影してみたり。




例えば、海中散歩で泳いでいる様子を撮影してみたり。



大人も子供もみんな気軽にYoutuber…そんな時代に突入です。

ここまで読んで、

ん?動画アップして何になるの?自己満足?

って思った人もいるでしょう、実は、、、


Youtubeに動画をアップ
するとお金が入ってきます
これがあなたにYoutubeをおススメする理由です。

それがご存知「アドセンス」という仕組みです。

Youtubeのアドセンスは、初心者でも始める事ができます。



赤枠の部分を視聴者がクリックすると、動画をアップしたあなたに報酬が入
るような仕組みになっているのですね。

これがFacebookやアメブロやLINEにはない画期的な仕組みなのです。

何記事書いても一円にもならないブログをやるより
1個UPしたらお金になりやすいYoutubeをやろう!

と私が言っている意味が分かってきたのではありませんか?



100回再生されたら10円になる。

1,000回再生されたら100円になる。

10,000回再生されたら1,000円になる。

100,000回再生されたら10,000円になる。

ということです。

「再生回数×10%=あなたの収入になる」という事を覚えておいて下さい。

あなたに実感を持って欲しいのでよくあるアクセス解析画面をお見せします。



こちら、私のとある動画の現在の数字です。

あまり数字的に調子が良くない失敗作の数字を紹介しておきます

こちらの1つの動画をアップして1ヶ月に約4ドル。

ザックリと400円くらいです。

1個の動画で400円/月


どう思います?

「意外と小銭だなぁ。。。」

って思いました?

「もうちょっとガツンと欲しいなぁ。。。」

って思いました?

「俺の時給よりも低いじゃないか。。。?」

って思いました?

「1ヶ月でこれかよ!けっ!たいしたことねーなー!」

って思いました?

はい、ここであなたに目を覚まして頂きます。



労働の収入と資産の収入を
ごっちゃにしてはいけません。

もう一度先ほどのアクセス解析をジーーと見て下さい。

こちらの赤枠で囲った部分です。




この動画は、

今から1年以上前の、2014年6月2日から
ずーーっと私に収入をもたらしてくれています。


その間、私は一切、何もしていません。

今から1年以上前にした、
たった1個の動画のアップが
今も変わらず安定して稼ぎ続けてくれているのです。

これが現在の正確な数字です。




これからこの動画は私が死ぬまで
永遠に稼ぎ続けてくれる事でしょう。



あなたにこのような資産収入はありますか?

会社に行く、パートをする、アルバイトをする…

そのような労働収入だけではなく、
資産的な収入は欲しくないですか?

しかも、

忘れないで下さいね。

1個の動画で400円/月

1個の動画で4,800円/年

たった一つの動画でこれですからね。

私、こういう動画を100個単位で持っています

ちなみに動画を1個作るのなんて簡単です。

あとはそれを積み重ねるだけ。

1個の動画で400円/月

10個の動画で4,000円/月

100個の動画で40,000円/月

どうです?

どうせ資産になるんだから
あなたも動画を1個ずつ、
コツコツと増やしていきましょう!


って私はあなたに言いたいです。

ちなみに、

例えば、ヒカキンさん。



例えば、MEGWINさん。



しかも

彼らは、1個の動画で10万回再生は当たり前です。



彼らの年収が、仮に1000万以上とかあっても
別に驚く事でもないですよね。

彼らは彼らで、地道に積み上げたきた結果なのです。

そして、あなたは、すでに

Youtubeのアドセンスを活用した
ビジネスの仕組みや裏側の数字
知ってしまいましたよね?


そろそろあなたもこの
資産収入であるYoutubeアドセンスを
やりたくなってきたのではありませんか?

そしてもちろんこの話は、有名人に限った話ではありません。


例えば、ネコの動画。(518,032回 ⇒ アドセンス 約 51,000円





例えば、子供の動画。(167,316回 ⇒ アドセンス 約 16,000円




例えば、レシピの動画。(635,724回 ⇒ アドセンス 約 63,000円




例えば、カラオケの動画。(120,022回 ⇒ アドセンス 約 12,000円



これらすべて再生回数が10万回超えていますので、

1個の動画だけで1万円以上の収入を得ていることになります。

今、ピックアップした4人は
一般の人であり、あなたと同じ普通の人です。

そして、何よりアメリカでは7歳の子供がやっていることです。

あなたにできないはずがありません。

あなたも上の人達と同じように動画をアップして
コツコツと資産収入を得ることが可能なのです。

しかし!!!

ここまであなたにもできるかも?と思わせておきながら
ちょっとガッカリすることもお伝えしないといけません。

先に謝っておきます。「申し訳ない。」

それは、

はい、これは紛れもない事実です。

「Youtubeは稼げるらしい!」

この情報だけで本屋へダッシュし、
本を買って見よう見まねで実践したとしても
100個動画をアップしても1日1000円も稼げないでしょう。

ヒカキンさんのマネをして一生懸命に顔出しして
商品レビューしても、いつまでたっても数字は伸びないのです。

ゲーム実況が流行っていると言って
今からやったとしても数字は伸びるはずはありません。




上の画像のような状況がずっと続いてしまうことになります。

同じYoutuberでも稼げる人と稼げない人がいる。

では、その違いはどこにあるのかというと、





上の画像は私のiPhoneの画面を撮影したものですが、

ここでちょっと質問です。

「iPhoneの画面をそのまま撮影する方法は知っていますか?」

どうです?


こう質問すると実はiPhoneを持っている人の
実に30%はやり方を知らないんですね。

試しに友人とかに聞いてみるといいです。
結構な確率で知りませんから。

ある人にとっては当たり前のスキルなのに
ある人にとっては当たり前ではない。


どの分野でも同じようなことが起こります。

ちょっとしたコツを、いち早く掴んだ人が大きくブレイクするものなのです



例えば、以下のようなコツが必要になります。
  • Youtubeで当たるジャンルはどこなのか?
  • Youtubeでチャンネル登録者が増えやすいジャンルはどこなのか?
  • 動画のタイトルはどのようにつけるのがベストか?
  • 動画の説明文にはどのような情報を載せればいいのか?
  • 動画のタグにどのような言葉を入れれば良いのか?
  • 動画のサムネイルはどのようなものが良いのか?
  • メルマガリストを取るにはどうしたら良いのか?
  • 企業の宣伝用の動画はどうしたら良いのか?
  • アノテーションはどのように使うのがベストか?
  • カードはどのように使うのがベストか?
  • アイコンはどうすればいいのか?
  • チャンネル名はどうすればいいのか?
  • チャンネルアートはどうすればいいのか?
  • 注目の動画は何に設定するのがいいのか?
  • 動画が削除される場合はどういう時か?
  • 動画のGoodBadはどういう意味があるのか?
  • 動画の長さはどれくらいが適切か?
  • 顔出しはした方が良いのか?しなくてもいいのか?
  • 機材を揃えた方が良いのか?いらないのか?
  • Youtube LIVEはどのように使えばいいのか?
上記は、

Youtubeで必要とされるコツの一部に過ぎませんが
これだけの内容を全く知らない状態でYoutubeをスタートしたら…

まず100%失敗しますね。

当たり前ですが、

コツを一つ一つ丁寧に抑えていった人が
長期的に稼げるようになっていくのものです。


しかも、

やっかいなことにYoutubeは王者Googleも力を入れているため
次々と新機能が追加され、古い機能は消えていきます。

例えば、

「カード」という新機能が追加されました。

カードは、アノテーションの代替と考えられているので
しばらくするとアノテーション自体が消えてしまうかもしれません。

変わり続けるYoutubeに対応するように稼ぐノウハウも
生まれては消えていき、めまぐるしく変化していきます。

例えば、

2013年にpodcastで公開されているラジオの
音声をアップして稼ぐノウハウが流行りました。

しかし、誰も彼もがやり始めた結果、

・動画がなかなか収益化されない(収益化ボタンが消える)
・なかなか再生回数が伸びない(ライバルが多く分散している)
・動画が通報を受けて削除される(番組出演者から通報アリ)

という状況が目立つようになり、
今ではあまり稼げないノウハウになりました。

2015年くらいまでずっと政治系のニュース動画を
アップして稼ぐ方法が流行っていました。

これも政治的な理由なのでしょうか…、
稼げなくなる可能性が高くなっています。

私はYoutubeのノウハウを作る人間です。

こうしてYoutubeや市場の動向を見ながら…


一つのノウハウだけを信じる方が、気が楽ですし、
結果が早く出ることは確かにあるかもしれません。

しかし、

そのノウハウが飽和してしまったり、
Youtube側の仕様が大きく変わったことで
使い物にならなくなったとしたら、それはもう悪夢でしかありません。

だから

私たちは一つのノウハウを妄信する事なく
複数のノウハウを組み合わせながら、
長期的に稼ぎ続ける事を意識しなければなりません。

稼ぐノウハウ自体を進化させ、
更新していかなければなりません。

そして

忘れてはいけないのがYoutuberのライバルの存在です。

あなたと同じノウハウを実践中の人です。

この人達はあなたの手口を知っており、同じ場所で戦っています


同じノウハウを実践する人が
Youtube内に急激に増えたら100%飽和します。

結局、最初はどんなに優良なノウハウだったとしても
実践者が増えたたらあなたのシェアが減り、苦しくなっていくのです。

つまり、

Youtubeで稼ぎ続ける為には、自分が知っているノウハウを
絶えずアップデートして、オリジナルの方法に昇華しないといけません。


そうなんです。

Youtubeにはあなたが稼げるチャンスがたくさん眠っています。

そして、それは同時に

ライバルが稼げるチャンスも眠っているということでもあります。

あなたは常にライバルと戦い、ライバルに勝っていかなくてはなりません。

そのために必要な事は、3つあります。

・Youtube本体の状況をつかむ
・複数の会社からリリースされる最新のノウハウを仕入れる
・現在のYoutubeに対応したノウハウを作る

ということです。

できますか?できそうですか?

正直申し上げて、ビジネスは決して甘くありません。

Youtubeが美味しいという事が分かれば、
多数のライバルが参入してきて、
その人はあなたと同じノウハウを持っているのです。

あなたは、他のYoutuberのライバルに勝ていけますか?

こう言うと、おそらくあなたは不安になる事でしょう。

どうでしょう?

・Youtube本体の状況をつかむ

・複数の会社からリリースされる最新のノウハウを仕入れる

・現在のYoutubeに対応したノウハウを作る

その役目、私にお任せ下さい。

あなたの代わりに私がノウハウを仕入れ、
分かりやすく翻訳して伝授させて頂きます。




申し遅れました。

私、NISHIと言います。

ネットでは覆面先生NISHIとして活動しています。

数百名ほど生徒がいるYoutube塾で講師をさせて頂いており、
Youtube系のネタを仕入れるのが三度のメシよりも大好きです。

研究の開始は、2013年の5月。

ちょうどYoutube One channelがスタートしたのを目撃し
これからはYoutubeがくると確信、研究をスタートしました。

メインの研究項目は以下の3つ。

一つずつ説明します。



一つずつ説明します。



Youtubeアドセンスにはがあります。

1個ヒット動画を作れば、ずっとお金が入り続けます。

上の画像のような失敗レベルの動画でも毎月400円入ってきます。

そう、

Youtubeアドセンスには、失敗が少ないのです。

このことに気づいていたならば、

あなたも1日1個毎月400円稼ぐ(それ以上稼ぐこともある)自動販売機
設置したくなることでしょう。

このドル箱アドセンスのノウハウを突き詰めるべく、
私は下記の研究項目を意識してデータを蓄積しました。


■アドセンスの研究詳細項目:

1.アドセンスで当たるジャンルはどこなのか?

2.アドセンスで当たるとは1個@1ヶ月でどれくらいの再生回数なのか?

3.アドセンスを当てるには何個の動画目安として必要なのか?

4.今、流行のコピペ読み上げ進化系は何か?

5.外注を相場と比べていくらの費用でどのように活用するべきか?

6.スライド動画、顔出し動画、その他どのような見た目が最適か?

7.収益化が外れるときは、どのような時か?

8.非収益化の動画とチャンネルはどのように活用するべきか?

9.複数チャンネルを扱う時に電話番号認証はどうするか?

10.スマホで作るYoutubeチャンネルは可能か否か?

11.Youtubeの再生回数が増えるときはどのような時か?

12.外国友達がいる場合、何を頼めばいいのか?

13.Youtubeの再生回数が増えるときはどのような時か?

14.Youtubeの再生回数が増やすためにできる事は何か?


これら14個の詳細項目を丁寧に検証し、
データからノウハウへと落とす事に成功しました。




Youtubeリスト取りには可能性があります。

リスト取り動画を1つ作成し、Youtubeにアップすれば、
そこから定期的にリストが入ってきます。

ある程度の個数を設置してしまえば、上の画像のように、

1週間に150ほどのリスト安定的に入ることも普通です。

もちろんこれは無料

私はチャンネルごとにメルマガを発行し、
今この瞬間もリストを増やし続けているのです。

1リストの価値は、今はいくらですか?

少なく見積もっても@1,000円はくだらないでしょう。

人々がYoutubeアドセンスの稼ぎ易さに目を奪われている間に
私はこの分野を徹底的に研究し、ノウハウ化を進めていました。


■Youtubeリスト取りの研究詳細項目:

1.Youtubeでリストを取るときのリスト取り動画はどう作るか?

2.リスト取り動画をどう量産するのか?

3.リスト取り動画の制作自体を外注に任せられないか?

4.動画からLPに飛ばすべきか?それともフォーム直でいくべきか?

5.再生画面から直で飛ばすか?説明文欄から誘導するか?

6.そもそもランディングページ(LP)が必要か否か?

7.1ヶ月1,000リスト集めるのは可能か否か?

8.再生数、リンク誘導数、何人登録されるか?モデル化できないか?

9.リスト取り業務自体を商品化して、他人に販売できないか?

10.1リスト取得コストはどれくらいを見ればいいか?


これら10個の視点からリスト取りを美しい形でまとめあげ、

何回再生されたら、何回誘導され、何件リストが入る。

というモデル数字まで落とす事に成功しました。


Youtubeノウハウには鮮度が必要です。

さらに、ノウハウには発想も必要です。

頭のカタい人は、1個のノウハウだけしかできません。

あなたはそうではないですよね?

あなたがこれまで学んできた事と、最新のノウハウを組み合わせる
ことが一番の飽和防止策になるのです。

私も下記の項目を意識してあなたとの接点を増やすべく研究を続けました。


■ノウハウの飽和防止の研究詳細項目:

1.Youtubeの収益を安定させるには何をするべきか?

2.Youtubeのスキルをアフィリエイトに応用できないか?

3.Youtubeのスキルを法人コンサルティングに応用できないか?

4.Youtubeのスキルをプロデュース業に応用できないか?

5.外注複数人組織化して、動画を桁違いに量産できないか?

6.アドセンスがBANされた時に何をどう立て直していくべきか?

7.Facebookなどのその他SNSとリンクするにはどうすればいいのか?

8.非トレンド系、非稼ぐ系のブルーオーシャンを探すリサーチとは何か?

9.Youtubeのチャンネル作りに最適なパクリ先とは何か?

10.外注に出すべき部分と自分で作成する部分の切り分けとは?

11.Facebookなどその他SNSとリンクするにはどうすればいいのか?

12.Youtubeでプチ秋元康になるには何をすればいいのか?

13.YoutubeでNEWS番組を作るにはどうすればいいのか?

14.Youtube動画広告向けアドワーズをどう取り入れていくべきか?


合計14個の視点から検証を続けました。

これらの研究を踏まえる事で、ライバルに勝ち続け、
稼ぎ続ける為に必要な情報を抽出し、提供できます。

3つの研究テーマ、38個の研究詳細項目
2013年から2年間かけて検証&精査し
誰でも分かりやすく、直感的に学べるように
単純明快な攻略ノウハウとして作り込み、

なおかつ飽和しにくい形で詰め込みました。


それが今回あなたにご紹介するYoutube Marketing Club 2016です。




※本教材はすべて動画データとして閲覧できますので、実際のDVDが郵送されるわけではありません。

それでは具体的にノウハウの中身を見ていきましょう。

CHAPTER1:最新のYoutubeアドセンス


動画4個:合計1時間33秒



この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・ソフトクリームの原価、焼き鳥屋のハイボールとYoutubeの関係とは?

・法律の遵守。「著作権」と「肖像権」について法学部の私が語ります。

・動画アップする時の、簡単なOKとNGラインの見分け方

・「ビジネスは自己責任である」この意味とは?

・100万回再生回数の動画が消えた夜

・オリジナルの動画でも消える可能性がある!?その意味。

・再生回数が上がれば上がるほど危険度がある…その意味とは?

・私が参考にしている有名NEWS番組風のチャンネルとは?

・Youtubeの動画のバックアップはどのようにするべきか?

・「マイドキュメント」に動画ファイルを保存しない…その理由とは?

・動画=Youtubeではないと私が大事と言う理由とは?

・「Youtubeは宅急便?」私がこう例える理由とは?

・慎重派?ノリノリ派?Youtubeを攻める時のマインドセットとは?




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・「アドセンスってどうなん?」の答えとは?

・Youtubeアドセンス月10万の構造とは?

・一つ一つの動画が毎日どのくらい回るのが目安か?

・アドセンスの当たる6つのジャンルとは?

・1つのチャンネルに何個入れるのが、目安になるのか?

・「2:8の法則」をYoutubeに応用する

・月間何万回再生で、何個必要で、1日何回回る動画が狙いなのか?

・TV番組をUPするのがどれほどデンジャラスなのか?

・ジャンルを選ぶ…この意味とは?

・動画の元ネタも引っ張り易いジャンルとは?

・顔出し無しのスライド動画でも計算できる第1当たりジャンルとは?

・オススメの「●●会」スタイルの動画作りとは?

・動画のテーマをどこから、どうやって抜いてくるのか?

・男女問わずに人気のある第2当たりジャンルとは?

・第2当たりチャンネルがアクセスがくるルートとは?

・第2当たりチャンネルには正解が無い?これがオススメな理由とは?

・主婦の方のQ&Aサイトからどうやってネタを抜いてくるか?

・コピペとオリジナルの配合比率とは?著作権の分かりやすい解説。

・鉄板の第3当たりチャンネルとは?

・興味がない人もこの第3当たりチャンネルをおススメする理由とは?

・とあるボールを使ってやるチャンネルが伸びる理由とは?




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・iPhoneを使ったYoutubeチャンネル構築法とは?

・なぜこの第4当たりチャンネルをおススメするのか?

・世界から見ると日本のユニークな文化とは何か?

・都会でやる場合と、田舎でやる場合も一緒であるという意味

・100万再生もいく第4当たりチャンネルとの付き合い方

・ゲームセンターにあるものが当たりチャンネルに繋がるものとは?

・再生回数が爆発する第5当たりチャンネルとは?

・怒りの感情を動画に込める理由とは?

・Youtubeのコメント欄とGoogle+の関係について

・著作権&肖像権が外れる理由とは?

・太くて、長いトレンドと、芸能人系のトレンドの違いとは?

・第5当たりチャンネルは外注に任せるべきだという理由とは?




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・私が好きな第6当たりチャンネルとは?

・喜怒哀楽に訴えるチャンネルの意味とは?

・Facebookのシェアとの関係とは?

・攻めと防御を同時に成り立たせる動画の作り方について

・ノウハウが陳腐化するのではない…その意味とは?
・次のYoutubeの在り方の可能性とは?

・ライバルを一歩上回る方法論について

・ライバルを増えて、似たチャンネルが増えた時を見越して打つべき対策

・ライバルを一歩上回る進化発展の5つの段階とは?

・クリエイティブ度を無理なく上げて独自領域を作る流れ

・ライバルを上回る、投稿量の考え方について

・ライバルに勝つ、クリエイティブ度の考え方について


CHAPTER2:Youtubeアフィリエイト


動画5個:合計1時間43分6秒




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・アフィリエイトの大・中・小カテゴリーの違いについて

・アフィリエイトというと「稼ぐ系」ばかりイメージしていませんか?

・あなたのブルーオーシャンを作りやすい理由という意味

・ネットはコッソリ見るとは?

・ネットには趣味・嗜好が出るとは?

・ライバルとの棲み分けがしやすいとは?

・案件選びのリサーチとは?

・どのアフィリエイト案件を取り扱うべきか?一番最初に決めるべき理由。

・リサーチを5倍、10倍やるイメージで行こう!という理由とは?

・「どうチャンネルを作る?」この質問が大事な理由は/

・市場探しのリサーチとは?

・広告主の意向が反映されているリサーチ媒体とは?

・自分の闇をリターチする…その意味とは?

・「この感情をYoutubeチャンネルで表現できないか?」

・3つの円を重ねる思考とは何か?ブルーオーシャン市場はどこか?



この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・チャンネルのテーマを決めるときの5ステップとは?

・ステップ1の闇とは何か?なぜこれが必要なのか?

・NISHIが白髪とヒゲの例をあげたのなぜか?

・秒速&脊髄反射レベルがキーワード。

・この場合の想定ターゲットは誰か?

・闇がネットと相性が良い理由とは?

・趣味系のチャンネルをおススメする理由とは?

・メガネ屋さんで販売する補聴器を買うのは誰か?

・ヤフーの検索画面の虫眼鏡をどのように使うのか?

・広告が出ているか? ⇒ ●●選びに活かせる

・動画が出ているか? ⇒ ●●選びに活かせる

・実際にリサーチしていく様子を大公開!当たったリサーチ画面とは?

・本屋に行ったら、まずどこのコーナーに行くべきか?

・世界の名だたる名コピーライターは本屋で何を見るべきか?

・掲載広告を見る ⇒ ●●選びに活かせる

・雑誌はとりあえず買うマインドは…それはなぜか?

・情報のソースとして最適、そして早めに情報を入れておくべき理由とは?

・「成功者はリサーチが鬼である」の意味とは?



この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・検索ボリュームを調べることをやってみよう。

・月間検索ボリュームはいくつくらいを狙うのは心地良いか?

・異なるIPアドレスからの実アクセスが示すこととは?

・動画がなぜ検索上位に上がりやすいのか?

・記事で狙っていくべきところを動画で狙う意味とは?

・チャンネル名をザックリと決めるのザックリの意味とは?

・チャンネル名に入れるべき2つの要素とは?

・案件の選び方で「自分が欲しい」からスタートしている理由とは?

・案件選びに役立つ2つの視点とは?

・販売ページ・レターが長いものをセレクトするべき理由とは?

・案件の選び方そのBとステップメールの関係とは?

・1チャンネル、1テーマ、1紹介にする意味

・チャンネル登録が入りやすい状態とはどういう状態?




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・専門チャンネル構築の6ステップとは?

・リサーチと構築の違いは何か?

・「ノートを取るのがうまい人」これが重要と言う意味とは?

・本のある部分を参考にするとチャンネル構築がスムーズにできます。

・動画の長さはどれくらいの分数にすればいいのか?

・現在のあなたのレベルが低い方がいい、その理由とは?

・チャンネルは30個作ったら様子見…その理由とは?

・再生回数を増やす6つのテクニックとは?

・再生回数を増やすためにはチャンネル内のユーザーの●●生を上げる!

・あなたをたちまち専門家に見せてします、数の信頼感とは?



この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・再生回数を増やす説明文の書き方「損して得とれ戦略」

・再生回数増やす、3種類のタグの入れ方とは?

・誘導数を短縮URLで丁寧に測定するべき理由とは?

・アノテーションとカードの関係とは?

・カードを入れるときの注意ポイントとは?

・動画の連鎖を呼び起こす「注目のコンテンツ」の使い方とは?

・動画の連鎖を呼び起こす「カード」の使い方とは?

・自薦動画にプラスして他人を推薦する「鮭」戦略とは?

・再生回数をテクニックを活用した5つの回遊性とは?

・Youtubeとは違う、自分のフィルターで紹介していく…その意味とは?


CHAPTER3:メルマガリスト取得ノウハウ


動画4個:合計1時間11分53秒



この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・Youtubeだけで完結させるのではなく外に連れ出す理由とは?

・Youtubeはリストが取りやすい状況を最大活用しよう。

・リストビルディングスキルは換金性の高いという意味

・1日5リストは十分に取得可能である

・「こんなのを無料でもらっていいんですか!」と喜ばれる理由

・Youtube経由のリストは、メルマガの開封率も精読率も高い理由

・NISHIのメルマガ精読(クリック率)率34%の実例をお見せしましょう。

・何回再生されて、何回誘導して、何リスト入ってくるのか?モデル化。

・メルマガ登録率/オプトイン率はどれくらいが目安になるのか?

・リスト取り動画を作るにあたっての5つの前提とは?

・リスト取り動画の実例をご覧入れましょう。テンプレートで使って下さい。



この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・リスト取り動画作成の3つのツボとは?

・リスト取り動画の作成のネタ元はどこから探すか?

・リスト取り動画は、無言で作る事ができる…その意味とは?

・リスト取り動画は、外注に出す事ができる…その意味とやり方とは?

・リストを取った後のステップメールの全体像とは?

・ステップメールは、「●通ワンセット」である。

・セールスの告知は「●通目」に行う。

・ステップメールは、9個のレポートを作ればいい…その理由とは?

・ステップメールの文章の実例その1:代わりにまとめてあげる

・なぜわざわざレポートを渡すのか?その3つの理由とは?

・レポートの鉄板の形とは?文末に入れるべき拡散の仕掛けとは?




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・ステップメールの文章の実例その2:セールスの前日

・ステップメールの文章の実例その3:セールスの当日

・紹介案件のレターとステップメールを一致させる美しい流れとは?

・ステップメールの時に、改めて案件選びが再び大事になる理由とは?

・Youtubeの動画は順不同はOKだが、ステップメールはダメな理由とは?




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・動画レビューを巨大なショッピングサイトに設置するとアツい理由とは?

・効果的な動画レビューのやり方とは?Youtubeチャンネルに誘導!

・巨大ショッピングサイトのプロフィール欄に動画のURLを設置する!

・あなどれない有名サイトMの使い方とは?月80〜100リストは堅い。

・コロンブスの卵!有名サイトMからの購入率が高い理由とは?

・Youtubeと巨大ショッピングサイトとサイトMをドッキングする方法


CHAPTER4:動画広告向けアドワーズ


動画3個:合計48分41秒



この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・動画広告向けアドワーズ穴場!第3のバブルと言われる理由とは?

・1回再生@単価が激安の秘密とは?

・インフォ系の人が跳ねる4ステップとは?

・動画@1ヶ月単位でオーガニック検索を見ていく画面とは?

・再生回数当たりのチャンネル登録者数のイメージは?

・広告設定画面のインタレストの項目に注目せよ!

・Facebook広告のカスタム&類似オーディエンスとの共通点とは?

・単語単位で広告を出稿する時代からSNS的思考で広告を出稿する時代へ。

・やって欲しい隠れポイント、Call to Atction オーバレイとは?

・Call to Action オーバーレイとカードとの互換性とは?


CHAPTER5:Youtube外注動画量産法


動画2個:合計48分29秒




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・外注を使うときの時給意識を持て!その理由とは?

・ためしに外注を使った時に自分の時給がどう変化するか?計算しよう。

・人に任せてみたら世界が変わる…その理由とは?

・Youtubeの作業で外注に任せるべき仕事とはどこか?

・ランサーズや@SOHOから採用するよりも良い方法は?

・信頼できる外注を採用する時の探し方とは?

・知り合いに手伝ってもらう6つメリットとは?




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・Youtubeアカウントそのものをお任せする外注とのお付き合い

・固定費としての外注の人件費と収益としてのアドセンスの関係とは?

・外注の外注を生み出して私がやることが皆無にしていく方向とは?

・外注を使う時のYoutubeチャンネル運営とは?

・最初に頼むべき仕事の種類とは?

・3人@1チームのベルトコンベアーシステムの作り方とは?

・慣れてきた外注に頼むべきクリエイティブ度の高い仕事とは?

・外注の制作単価と相場と考え方とは?

・外注に対しての支払いの最低換金額の考え方とは?

・外注にアカウントの管理を任せるべきか否か?

・外注それぞれの役割分担表&業務工程表とは?


CHAPTER6:法人Youtube顧問コンサル


動画3個:合計47分29秒



この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・なぜ法人Youtube顧問をお薦めするのか?その4つの理由とは?

・Youtubeを主軸にして伝えていくと仕事が取りやすい…、その理由とは?

・あなたが持っている知識レベルでコンサルができる!?その理由とは?

・ノウハウコレクターほどコンサルに向いている…その理由とは?

・「コンサルは気づき系」気づいた人から順番にできる…その方法とは?

・今、この瞬間にあなたのメンタルブロックを外す方法

・「お仕事は?と聞かれたら」どう答えるべきか?

・社長の心をつかむ超具体的な営業トークを披露しましょう!

・社長が心の底から恐れている不安をしっかりと理解してカマしていこう!

・より相手に刺さるのが解析画面である。その理由とは?




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・「アクセス解析画面は何よりの証拠」この意味とは?

・私、NISHIが今使っている企画書を大公開!すぐにマネして下さい。

・企画書なしの弾丸営業トーク1を大公開!具体的なスクリプトを公開!

・企画書なしの弾丸営業トーク2を大公開!具体的なスクリプトを公開!

・企画書なしの弾丸営業トーク3を大公開!具体的なスクリプトを公開!




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・仕事を取る時に出向くと良い2つの場所とは?

・Youtubeリスト取りコンサルティングをおススメする理由とは?

・私がコンサルを通じて狙っているさらに美味しい契約とは?


CHAPTER7:Youtubeプロデュース術


動画2個:合計28分10秒




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・Youtubeやってます!と情報発信すると色々な人からオファーがくる。

・才能豊かな人を広めるお手伝いをする仕事をやってみよう!

・素人には、プロの優劣はつけられない…そこが狙いです。

・ミュージシャンのプロデュース、プチ秋元康になってみよう!

・事例1:Youtube発 お笑い芸人

・事例2:Youtube発 競馬キャスター

・事例3:プロのボーカリスト

・事例4:普通のボーカリスト



この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・Youtube M式 〜 ミュージシャンを拡散する方法

・プロデュース料金は取りにくい…その場合はどうするべきか?

・エンタメ系をプロデューする理由を自分なりに理解しておこう。

・Facebookで友達1,000人アカウントを量産してYoutubeを広める方法


CHAPTER8:情報NEWS番組の作り方


動画1個:合計21分38秒




この講義で語られていることを一部抜粋しますと…

・Youtubeとはメディアであり情報発信基地…さらに発展したNEWS番組

・気づきアウトプットChをやってみた分析数字を公開します。

・顔出しキャスターを使った政治ニュース番組のチャンネルを公開します!

・外注動画量産法で話した3つのチャンネルから一点集中する方法。

・1つの素材で4つのチャンネルを更新する方法とは?

・YoutubeとFaebookを同時展開する方法とは?

・Facebook動画を友達1,000人アカウントの女性がシェアする方法

・キャスターの芸能人化を目指して私が展開させる、さらなる流れとは?

・ニュースキャスター専門のモデル事務所の構想を披露します。



あなたは今、驚いたかもしれませんね。

アドセンス以外にこんなにも稼ぎ方があったのか!?

Youtubeにはこんな切り口があるのか!?

そうです。

Youtubeは、可能背の塊であり、もし万が一不幸にも
Youtuebチャンネルが削除され、全収益が無効になったとしても
焦ることはありません。

なぜなら、他にも攻略の切り口があるからです。



「チャンネルを削除されてからが、本当のスタートだ。」

それぐらいの強い意志をもってYoutubeに取り組んで欲しい。

そもそも考えてみれば、1個や2個の削除くらいで諦めてしまうほど
Youtubeは市場として、小さくありません。



(出典:IHS Broadband Media Intelligence, 2014.2)

上の数字は英語のデータですが、見れば明らかな通り、
2015年、2016年、2017年までずっと右肩上がりの市場です。

そして

少しずつPCユーザーからスマホユーザーに軸足が移っていきます。


画像引用元:http://www.netratings.co.jp/news_release/2015/02/Newsrelease20150224.html

このあたりの大きなトレンドも抑えつつ、
Youtubeをフォローしていくのが大事なのです。

・そもそも巨大市場である
右肩上がりの市場である
・市場の動向がめまぐるしく変わる

この3条件を満たした時に、

後発であるあなたが、後ろからごぼう抜きするチャンスが発生します。

今回、8つのジャンル合計22個の動画コンテンツを
講義7時間の大ボリュームとして、公開しますが、
もちろん、これで終了ではありません。

ノウハウ開発者である私の役目は、

・市場の動向がめまぐるしく変わる

この変わっていくYoutubeに対応していくことです。

Youtubeノウハウは鮮度が命。

だから今回、ノウハウ一括お渡しの形ではなくて、
随時更新のclub方式を採用しました。


もしあなたの手元にあるYoutubeノウハウが

ずっと購入した時のままだったとしたら
そのノウハウは間違っている可能性が極めて高い
です。

なぜなら、Youtubeは絶えず変化しているからです。

ちなみに、

clubの意味って知っていますか?



私たちの共通の目的とは何かというと、

Youtubeを使って稼ぎ続ける

ことですよね?

まさか今年だけ限定で稼げればいいなんて思っていませんよね?

ちまたでは全自動的なものが流行っているみたいですけど
あんなものは放っておいて、大丈夫です。

 clubとは、共通の目的を持った人々を組織する団体。新明解国語辞典 第3版

全自動的な、ツールを使ったものは、信用してはいけません。

なぜなら、

ある一定人数の購入者が、同じシステムを、
同じ市場で、同時に使ったら飽和するからです。

飽和すると、稼げるんだけど少額になります。
稼げるのは、1期生の最初の人だけです。

それも期間限定の稼ぎにすぎません。

これがシェアの理論です。


これまでも多くのシステム売りがありましたよね?

・アメブロペタツール
・Facebookアプリツール
・Twitterの自動フォローツール
・2chまとめサイト作成ツール
・バイラルメディア作成ツール

あれ、結局、どうなりました?

規制され、対応し、規制され、対応し、の繰り返しでしょう?

私たちのclubの目的って何かと言うと、

Youtubeを使って稼ぎ続ける

ということです。

「稼ぎ続ける」というのがポイントであり、
その稼ぎが右肩上がりに増えていかないと意味がありません。

システムやツールを一度使い、それに依存すると
シェアの理論により、右肩下がりになります。


だから私は今回、club方式を採用し、
ノウハウを適宜アップデートしていく事で

変わり続けるYoutubeに対応し、あなたに
稼ぎ続けてもらう情報を提供する事にしたのです。

・そもそも巨大市場である
右肩上がりの市場である
・市場の動向がめまぐるしく変わる

このチャンスをものにするために…


2015年に、

政治系の巨大チャンネルを中心に一斉にアドセンスの収益化がはずされる

という事態が起こりました。

■KAZUYA Channel



※私はKAZUYAチャンネル、大好きなのでぜひ頑張って欲しいです。


■某国のイージス



※私は某国のイージスさんの動向を心配しています。大丈夫かな…


どちらもパワーチャンネルであり、政治系チャンネルの第一人者です。

私の講義でも、政治系はおススメしていましたので
当然、追加コンテンツをお届けすることになります。

今後、政治ネタとはどう付き合うべきか?

これに対して、明確に答えれる人が日本でいるでしょうか?

私はclub生にはノウハウとして伝えることで
このYoutubeの最新の動向に対応する事ができるのです。

Youtubeノウハウは鮮度が命。

私は飽和しにくいノウハウを提供していくと先ほど言いましたよね?

ノウハウが飽和しにくくするためには、
Youtubeの動向を踏まえて
新たなノウハウを開発&提供し、
最新を更新していかなければなりません。

あなたも

新しいのを仕入れるぞ!

という気構えで臨んで欲しいと思います。

ですので、あなたが毎日学習しやすいように、
コンテンツの配布の形式にも気を配りました。




club生の皆さんの目的は、

Youtubeを使って稼ぎ続ける

ということですから、ただの勉強に時間をとられていけません

この時代、ノウハウは “移動中” に学ぶものです。

あなたは朝起きて、会社に行く道すがら、
iPhoneからこのサイトにアクセスし、
イヤホンで私の音声を聞くのです。

歩いている時は、脳みそに刺激がリズミカルに
いくことでアイデアが出やすい
と言われています。

Youtubeの稼ぎネタを多方面から浴びるように聞く事で、
あなたはYoutubeのプロとしての、最高の仕入れ
知らず知らずのうちに、完了していることでしょう。

最高の仕入れができれば、数多くのアイデアが溢れ出てきます。

思いついたアイデアがうまくいくかどうか
誰かに聞いてみたい時もあるでしょう。

ぜひ私に、あなたの閃きをぶつけて下さい



私のQ&Aのモットー、それは「なるべく早く返事を返す」です。

早さ、命。スピード、命。(※勝手に“燕返しQ&A”と読んでいます)

せっかく頑張って質問したのに、

その返事が「土日を除く5営業日に」とか
言われると気持ちがガクッとなりませんか?

そうじゃないですよね?

また、回答は、

すべて本人対応。

サポート担当スタッフ任せにしません。

ノウハウ開発者本人に答えて欲しくて質問したのに

その返事が「サポート担当の●●です」とか
返事がくると気持ちがガクッとなりませんか?

そうじゃないですよね?

ご安心下さい。

頂いた質問には、私、NISHI本人自ら、
なるべくすばやく回答させて頂きます。


それでは、どんな質問が来ているか、
2、3通頂いた質問をご紹介してみましょう。

※頂いた質問の画像キャプチャをそのままお見せします。
※個人情報は伏せてあります。
※7色Youtubeは、LIVEセミナー募集時の名前です。

■頂いた質問その1:




■頂いた質問その2:




■頂いた質問その3:




■頂いた質問その4:




正直、どう思います?

質問のレベル、高くないですか?

私は自分の事はよく分かりません。

世の中には学校、予備校、塾、大学など
様々な教育機関があって、その施設の
レベルやグレード、質を決めるのは、
講師の品質ではありません。

通っている生徒です。

偏差値60の学校と言えば、教えている先生の
偏差値ではなくて、生徒の偏差値ですよね?

私は、

参加者さんのレベルが高くて
本当に嬉しいなと思っています。

しかし、こういう事を書くとビビる人がおりまして…


「うわっ、自分には無理かも…」

と心配になっている人もいるかもしれませんし、
それもまた無理もないことだと思います。

しかし、ご安心下さい。心配は無用です。

なぜなら、今あなたが「スゴい」と思った人達も
またYoutubeの対応に四苦八苦しているからです。

・市場の動向がめまぐるしく変わる

ことで「スゴい」と思えた人もまた、先行者有利の
ポジションを失い、あなたと同じ状況になるのです。

Youtube完全後発組であるあなたと、結局は、
同じ土俵に立ち、殴り合いをすることになります。

さきほど書きましたが、

後発であるあなたにも、後ろからごぼう抜きするチャンスがある…

これ、実際にやってみませんか?

「先行者全員、ぶち抜いてやるぜ」と覚悟を決めた人の為に
今回、スペシャルなプレゼントを用意しました。


実は私、NISHIはこれまで2つのYoutube教材をリリースしています。

これら2つを組み合わせた面白い特典を考えました。

まず過去作品を紹介させて下さい。

1つ目、Youtube24通信講座(メール講座)120人購入
こちら48通のメール配からなる通信講座です。

120名の方に参加して頂いています。



この教材、現在は販売を停止し、新規受付はしていません。

しかし、今もチャットワークでのサポートを続けています。

そして、

2つ目、Youtubeリストビルディングシステム(DVD)50人購入



こちらは読んで字のごとく、リストビルディングに特化した
内容で、2014年5月に収録したDVD商品になります。

Youtube24通信講座(メール講座)



Youtubeリストビルディングシステム(DVD)

これら2つを特典としてそのままプレゼントするのもできますが、
それは決して致しません。

過去に購入してくれた人に失礼にあたります。
また協力してくれた販売会社さんにも迷惑がかかります。

何よりあなたのタメになりません。

なぜなら、

このノウハウは2013年〜2014年にフィットしたノウハウであり、
2016年の現在では、微妙に現実とズレが生じているからです。

Youtubeノウハウは鮮度が命

古い教材をプレゼントしては、本編と矛盾し、
あなたの邪魔になってしまうかもしれません。

ですので、

今回、上記2作品のノウハウとして重要な部分はそのままに
2016年にも通じる新しい形としてアップデートし作り直します。


いわば、セルフカバーです。

このセルフカバー「ロケットスタートYoutube」を
上記2教材の購入者さんには無料でプレゼントし、
今回のclub2016に参加した人には特典として付与します

私は、お金を払って自分のコンテンツに
参加してくれた人には過去にさかのぼって
上手くいって欲しいと思っていますので、
この“再録”の形がBESTだと判断しました。

さて、この案内も長くなりました。



本編コンテンツ:



※本教材はすべて動画データとして閲覧できますので、実際のDVDが郵送されるわけではありません。

会員サイト:



特典:ロケットスタートYoutube


いかがでしょうか?

これまでに見たことも無いような

多種多様なマネタイズ方法に驚き、

ワクワクとしてきたのではないでしょうか?

CHAPTER1:最新のYoutubeアドセンス
CHAPTER2:Youtubeアフィリエイト戦略
CHAPTER3:メルマガリスト取得ノウハウ
CHAPTER4:動画広告向けアドワーズ
CHAPTER5:Youtube外注動画量産法
CHAPTER6:法人Youtube顧問コンサル
CHAPTER7:Youtubeプロデュース術
CHAPTER8:情報NEWS番組の作り方

他の教材は、アドセンス馬鹿になっていたり、

変に余計なシステムがくっついていたりして、

あなたの本来の可能性を潰すものもあります。

Youtubeは可能性の塊であり、
あなたも思い切りYoutubeで

自己表現していけばいいのです。

私が2年をかけてまとめあげたこの

Youtube Marketing Club 2016は、

あなたがYoutubeを実践するときの

ガンガンに稼ぐための武器やツールになり、

と同時に心強い防御の役割も果たす事でしょう。

何かあったら私に聞いて下さい。

すべて答えますので。

このclubに入れば、もうあなたは

他のYoutubeノウハウに惑わされることが

惑わされることは無くなります。

Youtubeで稼ぐ、稼ぎ続ける。

club共通の目的を持って一緒に頑張りましょう。

あなたが安心して参加できるように私も特別価格でお迎えします。
  • 本編:合計約6時間の動画ファイル
  • 特典1:セミナー内質問音声回答(後日配布)
  • 特典2:ロケットスタートYoutube
    ※本編は会員サイト閲覧
    ※特典1と2はダウンロード版

本セミナーは、インフォトップ購入者画面よりダ ウンロードPDFに記載している登録メールアド レスにご登録後、会員サイトのIDとpassがメー ルで送られます。

サポートの期間は購入日より1年、回数は無制限、連絡方法はメールになります。


今が一番の最安値
期間限定価格:  
お申込みは今すぐこちらから

カード決済3分割まで対応しています。